EJEF at Lane End
uk-flag japan-flag

Q&A集


英国のその他の語学学校との違いは何ですか?

英国のその他の語学学校には、世界中から生徒が集まります。レベルやコミュニケーションの方法が全く異なる生徒が一つの部屋に押し込められ、きめ細やかな指導はおろか、発言の機会さえままならないのが多くの学校の現状のようです。

また、英国の大学に属する語学学校では、夏休みの期間を利用したプログラムを入学予定の学生に提供しています。ただし、論文を仕上げるためのアカデミック・ライティングに重点を置く学校が多く、リスニングやスピーキングなどその他の分野を伸ばすには向いていないようです。

一方、EJEFは英国にあまたある語学学校の中で、1973年の設立以来、生徒を日本人に絞り指導を行ってきたユニークな学校です。したがって、EJEFには、日本人に対する英語指導法について40年近くにわたるノウハウがあります。その上で、生徒の皆さま一人ひとりのレベルや強み・弱点を把握し、ご要望を伺った上で、最適なプログラムをテーラー・メードで提供いたします。

さらに、EJEFの講師陣は他にない充実した顔ぶれであると自負しています。「外国語としての英語」を教授する資格をすべての講師が保持していることはいうまでもなく、日本で英語教育に携わっていた者、一英国企業の創業・経営者、大学講師経験者、英国にて自身の語学学校を運営していた講師など、豊富な知識・経験を持つ講師陣が皆さまの英語力の向上を強力に後押しします。

最後に、充実した学習環境もEJEFの強みです。自然溢れる穏やかな環境の中で勉強に集中できることはもちろん、勉強後には目の前のゴルフコースやテニスコートで存分にリフレッシュすることができます。また、EJEFでは英国人家庭でのホームステイを体験いただけます。ホームステイを通して、英語力の向上のみならず、英国の生活文化に触れ英国・欧州への理解を深めていただけると考えています。

Back to Top


その他の語学学校と比較すると授業料が高いような気がするのですが。

EJEFの授業料が、とりわけ割高であるということはありません。
EJEFでは、受講生のご要望と目的に応じ最適なプログラムを提供することを理念としているため、グループの授業であっても生徒数が5名を超えることはなく、通常ごく少人数で行われます。EJEFのすべての授業では、生徒一人ひとりのニーズ・問題点・目的に沿ったきめ細かな指導が行われていることから、一つのクラスに大勢の生徒を詰め込むその他の語学学校に比べて、講師の指導が密なものとなり、より実を結ぶものと確信しています。

マンツーマンの授業料設定についても、他校と比べ特段高額であるとは考えておりません。充実した講師陣との一対一での特訓から得られる成果をご勘案いただいた上で、ご検討いただければ幸いです。

Back to Top


授業料が1週間ごとに設定されていますが、数日の短期受講も可能ですか?

はい、数日の短期受講も可能です。ご要望に応じて対応させていただきますので、まずは、お問い合わせをお願いいたします。

Back to Top


一般英語コースでもビジネス英語コースでも、授業料は同じですか?

はい。EJEFでは、一般英語コースでもビジネス英語コースでも、生徒の皆さまひとり一人のご要望を伺い、現在のレベルや目標を把握した上で、最適な授業をテーラー・メードで提供いたします。コースにかかわらず講師は同じ時間と労力をかけて指導を行いますので、コース料金は同一の設定としています。

Back to Top


受講者の滞在・研修期間は平均的にどのくらいですか?

EJEFでの滞在・研修期間は、生徒の皆さまの目的や時間的な制約によって様々です。最も短い方は1週間程度、長期の方は11ヶ月程度かけて勉強される方もいます。3ヶ月間から8ヶ月間の滞在が最も多い例です。

Back to Top


EJEFではインターネットを自由に使えますか?

はい、インターネットは自由に無料でご利用いただけます。EJEFの敷地内・各教室では、高速のインターネット環境が整備され(Wi-Fi)、授業の準備のための調査や、ご家族やご友人とのメールのやりとりなどにご利用いただけます。

Back to Top


日本の携帯電話は通じますか?

海外での利用ができる特定の携帯電話を除いて、日本の携帯電話は一般的に使用できませんのでご注意下さい。頻繁に携帯電話を利用される方は、英国でプリペイド式の携帯電話を購入するのが、特に困難な手続もなく最も安上がりです。

Back to Top


初めてのホームステイで不安なのですが...。

全くご心配はいりません。EJEFが契約をしている英国人家庭は、長年にわたり日本人の生徒を受け入れ慣れているため安心です。英語力を伸ばすためにEJEFで学習をするわけですから、「英語が得意ではないのにホームステイなんて無理だ」などと思い込む必要はありません。ホームステイ先も、皆さまが英語力を向上させたい一心でEJEFで勉強しホームステイを行っている点を充分に理解しています。それでも、滞在中にストレスを感じることやトラブルがあった場合には、ご報告いただいた上で迅速に対応いたします。

なお、アレルギーなど食事上の制限がある場合やペットが苦手な場合など、ご要望に応じてホームステイ先をアレンジいたします。

Back to Top


ロンドンまでの移動手段と所要時間を教えてください。

EJEFからロンドンまでは電車を用いて1時間程度です。EJEFから最寄駅のチルタン・レイル(Chiltern Railways)のハイ・ウィカム駅(High Wycombe)までタクシーで15~20分、またはバスで40分。ハイ・ウィカム駅からロンドン中心部のマリルボン駅(London Marylebone)まで急行でおよそ35分です。

Back to Top


繰り返しEJEFを利用する受講生はいますか?

はい。英国に留学されている外務省や財務省の方など、夏休みや春休みを利用して、英語力の更なる向上のために何度もEJEFに通う受講生が数多くいます。この事実は、EJEFでの研修が実り多いものである証の一つと考えています。

Back to Top


企業研修としてEJEFを利用するケースが多い印象を受けるのですが、個人での入学・研修は可能ですか?

はい。個人で研修される方も大勢います。まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

Back to Top


EJEFに滞在する間、受講生同士の交流は多いのでしょうか?

はい。少人数制の学校ですので、午前中のティー・ブレイクやランチの時間など、違うコースの生徒と同じ時間を過ごす機会が数多くあります。さらに、受講生が集まりくつろぐことができるラウンジもありますので、EJEFでの滞在は異業種間で交流する良い機会でもあるといえるでしょう。 色々な職業の方々との横のつながりができ、日本にご帰国後も長年EJEFでのネットワークを利用して仕事に役立てていらっしゃる例も多々あります。

Back to Top


生徒は日本人のみとのことですが、そうすると日本語を話してしまいそうなのですが。

EJEFにて日本語を話すことは禁止されています。必要があれば、日本語を使うことは仕方がないことでしょう。しかしながら、限られた研修期間を通して最大の効果を得るためにも、EJEFで勉強している目的を思い出していただき、常に英語を使用されるようお願いいたします。

Back to Top


読み書きはある程度できるので、会話に絞ったクラスを受けることは可能ですか?

はい。多くのEJEFの生徒が同様の悩みを抱えています。そのため、EJEFでは、受講生のレベルや弱点を把握した上で、スピーキングの力を向上させるための特訓を行う授業を提供しています。

Back to Top


研修の途中でコースや授業内容を変更することは可能ですか?

はい。EJEFでは少人数制をとっているため、受講生のご要望に応じていつでも授業内容の調整・変更が可能です。授業を受け続いてるうちに、「今のプログラムは本当に自分に合っているか」、「もう少しレベルを上げてもよいのではないか」といった不安が出てくるものです。もちろん、講師の側も生徒一人ひとりの状況に留意してはいますが、研修中に不安やリクエストが生じた場合には、講師やスタッフにお気軽にご相談ください。

Back to Top


日本語を話せるスタッフはいますか?

はい。どうしても日本語で話さなければならないことがあれば、日本語での対応は可能です。しかしながら、EJEFにて日本語を話すことは原則として禁止されています。EJEFで勉強される目的を常に心に留めていただければと思います。

Back to Top

  • logo
  • EJEF - Euro Japanese English Foundation
  • British Council Teaching Accreditation